京阪電鉄不動産京阪のマンションミュージアム「こころ間」COCOROMA

「真の心地よさ」を求めて

進行する高度情報化とデジタル化、
深まるグローバル化、広がるシェアリングエコノミーなど、
今までと全く異なる進化を見せ始めた日本社会。
刻々と変化する都市環境は、住まいのあり方にも大きな転換を迫っています。
求められているのは、モノやコトの充実だけでは得られない「真の心地よさ」。
それを実現するには、従来の枠を超える柔軟な感性と、
それを具現化する斬新な思想が必要です。
数字や公式では捉えられない「真の心地よさ」を究め・築き・伝えること。
これからの都市居住に求められる進化したライフスタイルを提案すること。
それこそが、これからの私たちの使命であり、目標です。
京阪グループの本拠地であり、その街づくりの舞台ともなってきたここ大阪で
私たちは、マンションの新たな次元に挑みます。

SCROLLSCROLL

「間」は、日本人の心地よさの原点です。

人が心地よいと感じる空間に、欠かせないものを求める中で、
私たちは日本古来の「間」の感覚にたどり着きました。
茶道のわび・さびから日本画の余白、能楽の幽玄、
さらに数寄屋建築や和風庭園の構成にも貫かれている「間」の美意識。
そこでは「無」が「有」と同じ重みを持ち、「虚」が「実」と変わらない意味を放ちます。
沈黙の中に雄弁以上の言葉を聞き取り、
余白の中に悠久の世界を見出す「間」の感覚。
日本人が何世代にもわたって磨いてきたこの感性を現代空間によみがえらせるとき、
本当の意味での「心地よさ」が生まれるのです。

京阪の「こころ」と
日本の「間」の感性を重ねて。

「こころまち つくろう」というスローガンのもと、誰もが心待ちにする、こころ通う街づくりを重ねてきた京阪グループ。
その真摯な想いは、このミュージアムにも込められています。
都市の暮らしに真の心地よさをお届けするために。
「COCOROMA」は、京阪の「こころ」と日本独自の「間」の感覚が一つになって誕生します。

5つのフロア構成で
4タイプのモデルルームをご用意。
最新の設備にて都市の
新しいライフスタイルをご提案。

4つのモデルルームと最先端の映像システムなどを通じて、弊社の分譲マンションをご紹介。
心に響くおもてなしが息づく館内で、大阪都心の新しい暮らしに触れていただけます。

1F 総合レセプション

2F セミナースペース(定期的にセミナーを開催予定)