MENU

高槻上牧43|【公式】ファインレジデンス高槻上牧駅前 | 高槻市「上牧」駅徒歩2分の新築分譲マンション

DESIGN

駅前に放たれる、新しい時代の象徴へ。

北西面外観完成予想図

揺るぎなき美意識を貫いて
そびえ立つ先駆の造形。

洗練された暮らしの舞台を予感させる、
15階建のスタイリッシュなフォルム。
外壁にはテクスチャーと
色調にこだわったタイル貼りを採用。
ファサードの中心となるバルコニーは
ガラス手摺と白く映える
スラブラインでコーディネートし、
モダンな感性が息づく表情を創出する。
孤高とも形容できるほどの
存在感を街に放ちつつ、
新しいライフスタイルを
謳歌するに相応しい
ステージであることを印象づける。

角住戸率65%以上の
開放的な住戸配置計画。

快適な住まいを届けるため、全43邸中28邸を角住戸としている。
開口面積をより広く確保でき、通風・採光に優れ、
南東向住戸中心の構成を活かした、爽快な暮らし心地が実現する。
また、自邸前を歩く人が少なく、静かな環境も享受できる。

南東面外観完成予想図

洗練された暮らしの舞台を予感させる、
15階建のスタイリッシュなフォルム。
外壁にはテクスチャーと
色調にこだわったタイル貼りを採用。
ファサードの中心となるバルコニーは
ガラス手摺と白く映える
スラブラインでコーディネートし、
モダンな感性が息づく表情を創出する。

Architect Designアーキテクトデザイン

YUMA ARCHITECTURAL

株式会社ユマ設計 代表取締役安達 裕一

安全で快適な居住空間を目指して、持てる知識と経験を活かし責任ある形態を意識して設計しています。また、ランドスケープとの融合を図り、多様性と調和のある時代の変化に流されない美しい形を追求しています。

[ホテルリソルトリニティ京都 御池麩屋町]

プライベート感と
ステイタス性を求めた
1フロア2邸の住まい。

7階以上はすべて1フロア2邸という
独立性の高い住戸配置。
共用廊下を歩く人が限られ、
プライバシーが守られやすく、
落ち着いた住環境も期待できる。
私邸感も高まるため、
邸宅としてのステイタスを実感できる。

南東面外観完成予想図

角住戸率65%以上の
開放的な住戸配置計画。

快適な住まいを届けるため、全43邸中28邸を角住戸としている。
開口面積をより広く確保でき、通風・採光に優れ、
南東向住戸中心の構成を活かした、爽快な暮らし心地が実現する。

緑彩の庭園、ここにはじまる。

エントランスゲート完成予想図

駅を降りれば心は
もう帰宅の安心感で満たされる駅前立地。
ここは、和らいだ気分をそのまま受け止め、
優しく迎え入れてくれる“緑彩の庭園”。

Promenade こだちの散歩道

こだちの散歩道完成予想図

エントランスゲートから
人を誘う小径を
「こだちの散歩道」として演出。
豊富な木々や草花が彩る植込を両側に配し、
潤いあふれる緑道に仕上げる。
四季折々の趣豊かな景色や
自然の瑞々しさが、
日常に彩りを添える。

Coach Entrance コーチエントランス

コーチエントランス 完成予想図

シンボルツリーが枝葉を広げる
ロータリーに面して車寄せを設けた
コーチエントランス。
重厚な円柱や庇で風格を演出するなど、
ホテルグレードを印象づける
贅沢な設計により、
ワンランク上の上質生活にこだわっている。

Belle Courbe Salle ベルクールブ・サース
<風除室>

ベルクールブ・サース<風除室>完成予想図

Owners Lounge オーナーズラウンジ

オーナーズラウンジ完成予想図

Coworking Space コワーキングスペース

コワーキングスペース完成予想図

庭の中に家がある。
緑の中に家がある。

ひだまりテラス完成予想図

建物と共用部の境をできるだけなくし、
柔らかな空間で繋いで
敷地全体を“緑彩の庭園”とする発想。
四季に彩られた小径を
歩くような心地よさが
心を癒す暮らしの
風景となるランドプランとした。

Planting Plan 植栽計画

「こだちの散歩道」「ひだまりテラス」

中心とする緑化スペースには、
季節ごとに移ろいゆく
風情と彩りを味わえるよう、
葉の色づきや開花時期の異なる樹種を選定。

Planting Designプランティングデザイン

FADE・IN

有限会社フェードイン 代表取締役角田 直行

“心地よい空間とは何か”に関心を持ち、「居たくなる、使いたくなる」モノとコトの創出を目指します。
室内と屋外を連続して捉えることでインテリアからランドスケープデザインまでを融合させ、さらなる可能性を追求しています。

Planting Plan 植栽計画

「こだちの散歩道」「ひだまりテラス」
を中心とする緑化スペースには、
季節ごとに移ろいゆく
風情と彩りを味わえるよう、
葉の色づきや開花時期の異なる樹種を選定。

Sunny side Terrace ひだまりテラス

ステイケーションプレイスの
目の前に広がる「ひだまりテラス」には
常緑樹と落葉樹を混ぜた
「混ぜ垣」を設け、
季節を感じるグリーンの
アートを演出した。
また「混ぜ垣」の手前には高木を設置し、
空間の立体感を創造。
「混ぜ垣」の背部には
常緑樹を設置することで
ひだまりテラス及び敷地内の
1階共用部から線路の法面部分が
目立たない様に配慮し、
デザイン性と実用性を兼備させている。

Entrance gate エントランスゲート

駅から徒歩2分。住まう方を最初に迎えるのは、ここに還る歓びを宿す印象的なエントランスゲート。ボーダータイルのウォールと庇で構成し、この街の新たな風景に相応しい風格を演出する。

Parking 駐車場

平面・機械式を合わせて33台分の駐車場を確保。出庫車と入庫車がスムーズに行き交えるよう、車路を幅広く設計している。

Disaster Prevention 防災倉庫

万一の災害時に備え、共用部には備蓄倉庫を設置。発電機や担架など、災害発生時および一時避難時に役立つさまざまな備品を準備している。

Cycle port サイクルポート

自転車置場とは別にサイクルポートを10区画ご用意。1つのスペースを自由に活かし、親子の自転車や三輪車などを保管できる。

PAGE TOP