ファインレジデンス神戸新長田

ASMACI

「ファインレジデンス神戸新長田」の
ウェルネスサポート

4つのカテゴリーから、
あらゆる世代のご入居者様の健康づくりをサポート。

始めやすい、続けやすい健康づくりエクササイズサポート[MIZUNO]

子どもから大人まで、気軽にスポーツを始められる環境を
日々のエクササイズから各種スポーツまで、ミズノスポーツサービスがサポート。安全・安心で続けやすい、健康づくりをサポートします。
子どもの神経系統は6歳頃までに90%完成するので、スポーツをする方が良いといわれています※1。ミズノスポーツプラザでは入会金が無料となるスポーツ教室もあるため、入会時のハードルが低く、チャレンジするきっかけになります。お子様の適性に合わせてスポーツも選択できます。スポーツをすることで心身の健康に繋がる事も発表されています※2。また、運動不足の大人の方も気軽にスポーツを楽しむことにより、運動不足の解消や生活の充実感が得られます。
  • ■ミズノスポーツプラザ神戸和田岬の施設利用優待(テニススクール・卓球スクールの入会金無料および月額利用料の割引、ボルダリングの初月月額定額料金の割引)
  • ■各種体験会への無料ご招待
  • ■ランニングプログラムのパーソナルサポートの優待(RUN-SUPPORT by MIZUNOの入会金無料および初月利用料無料)

[1年間のサービスとなります]※以降については管理組合判断で継続・中止をご判断いただきます。 継続の場合は別途費用が必要となります。※実施内容は変更となる場合がございます。
※1/ミズノHP「スポーツサービス」より ※2/2019年スポーツ庁「スポーツの実施状況による世論調査」より

気になった時すぐに相談できるオンライン医療相談サポート[Kids Public]

現職の小児科医・産婦人科医・助産師による
オンライン医療相談
テレビ電話やチャットなどで、スマホやパソコンを利用し、気軽に専門医と1対1で相談やアドバイスを受けることができます。お仕事終わりに、家から相談も可能です。

[2年間のサービスとなります]※以降については管理組合判断で継続・中止をご判断いただきます。

かかりつけ医のように健康を見守るヘルスケアサポート[荻原記念病院]

医療・健康に関する相談対応
ご入居者様がより安心して生活ができるように、住宅と医療の連携環境を構築。同じ建物内に病院があることで、離れたご家族も安心できる暮らしが実現できます。

※実施内容は変更となる場合がございます。

心を結び健康と安心を育むコミュニティサポート[HITOTOWA INC.]

ミズノや病院と連携して、
コミュニティをサポートするオリジナルイベントの開催
ミズノが持つスポーツ・健康プログラムコンテンツや荻原記念病院のノウハウにより、日々の健康づくりのきっかけになるようなイベントを開催予定。
どなたでもお気軽にご参加頂けます。

[2年間のサービスとなります]※以降については管理組合判断で継続・中止をご判断いただきます。継続の場合は別途費用が必要となります。※掲載の実施例は参考となります。
※実施内容は本物件に合わせた内容となります。

地域をつなぎ、明日につながるまちづくり、ASMACI神戸新長田プロジェクト。

すこやかな暮らし、地域の賑わい、地域包括ケア、子育て支援、人々のつながり、環境への配慮、そして防災。
こうしたテーマをキーワードに、新しいまちづくり「ASMACI神戸新長田プロジェクト」に取り組んでいます。
それは、地域が必要とする複数の機能を集約して整備し、連携させることによって、
多世代の人々が集い賑わうことのできる未来志向のまちづくり事業です。

完成予想図イメージイラスト

ミサワホームは地域が必要とする複数の機能を集約して整備し、連携させることによって
“多世代の人が集い賑わう未来型のまちづくり”を行っています。
このような未来志向のまちを「明日を楽しく」「明日を元気に」の思いをこめて
ASMACI(アスマチ)と名付けました。
すこやかな暮らし、地域の賑わい、地域包括ケア、子育て支援、人々のつながり、環境への配慮。
ミサワホームは、こうしたテーマをキーワードに、新しい「まちづくり」に取り組んでいます。

ミサワホームが取り組む、多彩な機能が連携した複合施設のブランドシリーズ。
「明日(AS)」と「街(MACI)」を組み合わせ、ロゴは漢字の「明」を四角形で表現。
緑は地域を、赤は希望や賑わいを、青は健康や癒しをイメージしています。

【実績】

  • ASMACI浦安
    (2018年3月竣工)
  • ASMACI浦安富岡
    (2020年2月竣工)
  • ASMACI藤沢※1
    (2021年2月竣工)
  • (仮称)ASMACI三島プロジェクト※2
    (2026年竣工予定)
TOP