駅1分のメリット

効率的に生きる、私のライフストーリーが始まる。

  • STORY
    .01
  • STORY
    .02

+3cm高いヒールを諦めない。

今までの家は駅まで歩いて10分。しかも緩やかな坂もあった。
高いヒールを履いた日の帰り道の足はもう、へとへと。

高いヒールを履きたい日は、大切な日が多い。
ヒールを履くと背筋が伸びて、
いつもより少しだけ自信が持てる。
でも高いヒールを履いていくにも心構えが必要だった。

1分のこの距離が、妥協も無理もしない、
私らしいオシャレの後押しをしてくれる。

お出かけ前の靴選びが楽しい時間に。
そんな時間をくれる駅徒歩1分暮らし。

寒いのは30秒だけ。

冬でも寒いのは家から駅までの間だけ。
電車に乗れば暖房と人の熱気、
会社に行っても暖房が効いててむしろ暑いくらい。

仕事や買い物に出かけた時の最初の荷物は自分の服。
あったかいけど重いコートがじんわりと体力を奪う。
撒いてきたマフラーも、すぐに手荷物になる。

自宅から地下鉄入り口の30秒、そこだけちょっと我慢すれば
いつもより少し身軽におでかけを楽しめるかも。

天気や気温に左右されない。
そんな気軽さが、気持ちにゆとりをくれる駅徒歩1分暮らし。

※徒歩所要時間は80m/分で算出しており、本物件~[JR海老江駅」2番出口までの距離が36.5mのため、
約半分の30秒で表記しております。

駅周辺に利便が集積

徒歩5分圏で暮らしを完結できる住環境

イオンスタイル・ウイステが
続々リニューアルオープン
駅周辺は、ますます便利に。

データで見る
駅徒歩1分の希少性と資産性

将来の資産運用の際にも需要を生み出すポジション

POINT1

梅田近接エリアの駅1分の希少性

梅田エリアまで直通3分以内で行けて、なおかつ「駅徒歩1分」の物件は過去10年間の供給の中でもわずか1.58%(508物件中8物件)。梅田近接エリアでの駅徒歩1分の物件は価値ある住まいだと言えます。※2011年1月~2021年1月に都心6区(大阪市北区、中央区、西区、福島区、浪速区、天王寺区)で供給された新築分譲マンションデータより。[(有)MRC調べ]
POINT2

売る時も貸す時も有利

「リセールバリュー」とは、中古マンション価格が新築販売時の価格と比べ、どれほど乖離があるかを示すものです。マーキュリーサマリネットの調査によると近畿圏における駅徒歩1分の物件は約121%の価格維持率を示しており、高い資産価値を維持することが期待できます。※2015年4月~ 2021年3月に新規分譲され、2019年4月~ 2021年3月に中古流通した分譲マンションを対象に新築分譲価格からの価格維持率(リセールバリュー)を算出 。[(株)マーキュリー サマリネット調べ]

福島区は地価上昇率大阪市内No.1!

※国土交通省「令和3年地価公示」の住宅地地価より。平成28年と比較した場合の上昇率(SUUMO調べ) 本件は居住人口が増加傾向にあり、地価上昇率も1.6倍と大阪市内第一位で、人気を集める福島区に立地。地価上昇率は大阪市No.1で、総人口も増加中。 しかも「うめきた2期」エリアに近接し、将来性も豊か。 ※国土交通省「令和3年地価公示」の住宅地地価より。平成28年と比較した場合の上昇率(SUUMO調べ)
詳しい情報をご希望の方は物件エントリー
エントリー者様限定サイト