DESIGNデザイン

image

最前席の
美しき象徴として。
街の、そして住まう方の
“マスターピース”となる
佇まい。

外観完成予想図

駅前の視線を集め、憧憬される建築美を創出。

まさに、“傑作(マスターピース)”と呼ぶにふさわしい、地上14建て・総戸数65邸から成るファサード。
白いラインが交差するグリッドで構成されたシンメトリックな表情は端正なモダンさを纏いながら、住まう方の誇りを印象深く表現しています。
バルコニーには風景を映し込む軽やかなガラス手摺を採用。
また建物の妻側には、都市の空へと軽やかに伸びゆくマリオンを配して垂直のラインを強調するなど、上質感の中にも駅前の賑わいを意識した、躍動感あふれる外観デザインとしました。
その存在を、ただ頑なに主張するのではなく、街との調和を優先する意志が、その姿からは垣間見られます。

誇り高き迎賓の設え。

外観完成予想図

端正な意匠で人を歓待するエントランスアプローチ。

一流ホテルの玄関を思わせるエントランスアプローチには北西面の道路から奥行きを確保し、プライバシーにも配慮した横入りのエントランスを設けて、駅前から静寂の私邸へと誘う迎賓の場を演出しています。
堂々たる存在感の中に木質の温もりも感じさせるキャノピー、本物志向の質感のある石貼りの柱や壁、おだやかな光で人を送迎するダウンライトなど、上質な素材と洗練のデザインが織りなすモダンな佇まいが住まう方やゲストを誇り高くお迎えいたします。

優美なスタイルを所有する価値。

エントランスホール完成予想図

「柔らかく優しい時間」で包み込んでくれるエントランスホール。

「柔らかく優しい時間」を創出する空間づくりに配慮したエントランスホール。
上質な寛ぎをご提供するソファや照明を備えたライブラリーコーナー、風情ある石貼りの壁面や優美な折上げ天井などを配したホスピタリティ空間が“セカンドリビング”ともいえる心地よさで、思い思いの時間を包み込みます。

MATERIAL
時と共に味わいが深まる多彩なマテリアルを採用。

明るいカラーの外壁タイルを基調に、エントランス周りの石貼りやバルコニーのガラス手摺など多彩なマテリアルを採用。長い年月の中で少しずつ表情に深みを増すような、住まうほどに愛着が深まる建物の創造を目指しています。

※各タイルの色調は実際とは多少異なります。

PLANTING
街の一角に緑を演出する、安らぎの植栽計画。

エントランス横の北東道路沿いを中心に、住まう方や道ゆく人々の心を癒す植栽計画を実施。美しく手入れされた木々が整然と並び立ち、朝は爽やかな潤いの風景で送り出し、夜には照明と相まって温かな安らぎで迎えてくれます。

DESIGN
設計・監理

2013年の会社設立以来、札幌市内を中心に数多くの分譲マンションやオフィスビルの設計監理を手掛ける。多様化する時代に合った建築、住まう人の個々のニーズに対応した空間創りをモットーに、その街に合った暮らしの提供と時代に流されない価値の創造を目指しています。