駅徒歩1分が叶えるSTORY

駅徒歩1分が叶えるSTORY

STORY - 01.

01.+3cm高いヒールを諦めない。

今までの家は駅まで歩いて10分。
しかも緩やかな坂もあった。
高いヒールを履いた日の帰り道の足はもう、へとへと。

高いヒールを履きたい日は、大切な日が多い。
ヒールを履くと背筋が伸びて、
いつもより少しだけ自信が持てる。
でも高いヒールを履いていくにも心構えが必要だった。

1分のこの距離が、妥協も無理もしない、
私らしいオシャレの後押しをしてくれる。

お出かけ前の靴選びが楽しい時間に。
そんな時間をくれる駅徒歩1分暮らし。

3駅地下直結

駅徒歩1分、梅田へ3
1LDK〜3LDK 選べる多彩なプランバリエーション
都心と見つめ合う。美しい暮らし。

(仮称)福島区駅直上プロジェクト」

いよいよ物件エントリー受付開始

Concept

駅1分の価値

いつも2人で話していた、「もっと時間が欲しいよね」って。
平日は起きてから眠るまでの時間をフルに使い、休日はその分スローに過ごしたいと。
ここならワンアクセスで通勤できるし、生活施設も徒歩圏に充実していて、
忙しい日々の暮らしをしっかりサポートしてくれる。
近所を朝ランしてから、デート気分で「梅田」界隈の会社へ。
住む場所と働く場所が近づくと2人の時間も増え、暮らしの幅がぐんと広がった。
駅徒歩1分、時を味方に。

RAKURAS
-ラクラス-

日常を効率化すれば
自分時間は、より豊かに。

楽に暮らせる
7つのサービス
「RAKURAS」

Access

駅徒歩1分という価値。
「梅田」など
市内主要都心へも
スムーズに。

現地エリアは「大阪・梅田」エリアに隣接。
常に時代を先駆し、進化し続ける大都心であり、
現在進行中の複数の再開発を牽引し、
その中心に広大な緑の領域・創造を目指す
「うめきた2期」再開発が進んでいます。
未来へ輝きを放つ時間に包まれ、
誰もまだ見たことのない都市風景と響き合う、
魅力的な暮らしがもうすぐそこに。
また、うめきた再開発の先行街区として
その名を馳せた「グランフロント大阪」や
複合施設「大阪ステーションシティ」などを含む、
多彩な都市機能も日常使いに。

Location

福島区・海老江、
時を寛ぎに。

私たちは都心を愛している。
かといって都心の真ん中に住むのはなにか違う。
都心の本当の美しさなんて、
少し離れて見るからこそ分かる、そんな気がする。
今回の舞台となるのは
都心と心地よく響き合いながらも、
下町のような親みの感じられる街。
例えば「大阪・梅田」を「ニューヨーク」とするなら
ここは「ブルックリン」と言えるかも知れない。
会社帰りに待ち合わせて、
街の飲み屋をハシゴして公園で一服するシアワセ。
福島区・海老江、時を寛ぎに。

Planning

自分に優しく、
時を自在に。

街も好きだけれど、家も好き。
どっちとは言い切れないし、どっちも本当。
それぞれ時間は輝いているけれど、
その度合いが違う。街での時間が
躍動感に満ちているのとくらべて、
おうち時間は安息感に包まれる感じ。それは間接照明の
穏やかな明るさのようなもの。好きな音楽に耳を傾けたり、
たまには2人で真面目に語りあったり。
そう、いつだって時は色んな度合いの輝きで
私たちを満たしてくれる。もっと自分らしく、時を優雅に。

※「3駅地下直結」とはJR東西線「海老江」駅、Osaka Metro千日前線「野田阪神」駅、阪神本線「野田」駅の3駅が地下で繋がっていることを表現したものであり、阪神本線「野田」駅利用の際には地上階を経由します。

詳しい情報をご希望の方は物件エントリー
エントリー者様限定サイト